検査


検査は、臨床検査室とレントゲン室で構成されています。

臨床検査室

臨床検査室の業務は、検体検査(一般検査、生化学、免疫血清、血液、遺伝子検査)と、生理機能検査(心電図、脳波、肺機能検査)に分かれています。
院内検体検査項目は、当日に検査の説明を受けていただけるように迅速対応を行っています。また、緊急検査は、24時間365日対応可能です。

 

検体検査

院内検査項目と所要時間

検査名検査項目所要時間
一般検査尿一般(蛋白・潜血・尿糖・ウロビリノーゲン・比重)、尿沈査5~15分
生化学 総蛋白・アルブミン・総ビリルビン・AST・ALT・ALP・γーGTP ・LD・コリンエステラーゼ・CK・HDLコレステロール・総コレステロール・中性脂肪・ナトリウム・カリウム・クロール・尿素窒素・クレアチニン・尿酸・アミラーゼ・血糖・CRP・アンモニア・エタノール・リチウム・HbA1c 20~30分
免疫血清FT4、TSH35~40分
HBs抗原、HVC抗体、梅毒検査(RPR,TP抗体)50~60分
インフルエンザウイルス、ノロウイルス、SARS-CoV-2抗原10~20分
血液検査 白血球数・赤血球数・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板数・MCV(平均赤血球容積)・MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)・白血球5分類(好中球・リンパ球・単球・好酸球・好塩基球) 約5分
遺伝子検査SARS-CoV-2核酸60分

生理機能検査

心電図
痛みもなく、五分程で安心して検査を受けていただけます。 「心筋梗塞」「狭心症発作」等には異常波形が出現します。
脳波検査
頭に、クリームみたいな糊で電極を貼り付け、脳の微細な電気的変化を記録する検査です。 痛みはないので、リラックスして検査を受けて下さい。 てんかんや頭部外傷を調べるのに重要な検査です。 通常は、45分程度かかります。
肺機能検査
呼吸(吸ったり吐いたりする)の力を調べることで肺活量等がわかり、COPD(閉塞性肺機能障害)や肺気腫、間質性肺炎の診断の一助になります。 少々、頑張って頂く検査になります。

レントゲン室

一般撮影とCT検査を行っています。
週2回、放射線技師が担当しています。

 

ページのトップへ戻る