指定障害福祉サービス事業所「すくも」

自信を持って地域で暮らしていけるよう援助する宿泊型自立訓練事業所(援護寮)です。
生活リズムを整え、人づきあいなどもうまく出来るように、自立に向けた準備の場として
役立てていただきたいと考えています。

※入院の必要はないが、独りで暮らしていく自信がない。
※退院したいけど、住む場所がすぐに見つからない。
※仲間との集団の場の中で自立への努力をしてみたい。

また、短期間の入所に利用していただくための「ショートステイ」(短期入所)施設もあります。

概要

設置者/社会医療法人あいざと会
開設/平成7年4月1日
構造/鉄骨造り2階建488㎡
定員/宿泊型=20名,ショートステイ(短期入所)=空床型
居室/2人部屋9室,ショートステイ4室
    (ミニキッチン・トイレがある部屋が2室あります)
入所者の利用する設備/
  調理室・食堂兼談話室・静養室・浴室・便所・洗面・洗濯室…などがあります。

回復途上にある精神障害者のみなさんとともに社会復帰や社会参加について考え、それぞれの地域や家庭での生活づくりを応援していく施設です。
このために、一定期間共同生活をしながら病院、地域活動支援センター、市町村、精神保健福祉センター、保健所、福祉事務所、ハローワーク(公共職業安定所)、障害者職業センターなど、地域の関係機関と連絡をとりあいながら、自立の促進を図っていきます。

利用できる人

利用の対象となるのは、以下のような人達です。
 ①病院に入院して治療を受ける必要はなく、通院、服薬、金銭の管理等の基本的な日常生活ができる。
 ②独立して社会生活を送ることは難しいが、共同生活ならできる。
 ③家庭や社会生活に向けてのステップとして、本人及び家族が「すくも」の利用を希望している。
 ④デイ・ケア、作業所等に通える。

利用申し込み

主治医、保健所または福祉事務所など、関係機関にご相談下さい。また、施設の見学や職員の説明を聞いて「すくも」を知っていただいたうえ、入所の申し込みをして下さい。

利用期間

原則として2年以内となっています。ただし、やむを得ないと認められたときは、さらに1年を越えない範囲内で延長することが出来ます。

費用

「すくも」を利用される方には、以下の費用を負担していただきます。
 利用料 ¥20,000円
 共益費 ¥ 3,000円
 食費/実費の負担が必要です。
    藍里病院の給食を利用することができます(実費負担)。
 電気使用料/テレビ・オーディオ類などの電気製品を持ち込まれる方には、製品別に別途持ち込み料をいただきます。
  ※月の途中で入所・退所された場合は日割り計算になります。

用意していただくもの

寝具一式
食器類(共同炊事などの食器は、すくもで用意したものがあります)
自炊される方は、用具類並びに調味料等をご用意下さい。
入浴・洗面用具及び洗剤、ハンガー等
着替、履物、その他必要な身の回り品
その他、各自で必要な日常生活用品
※貴重品や持ち込み品等、私物の管理はすべて各個人の責任によるものとします。
居室
居 室
静養室
静養室
談話室
談話室
居室(和室)
居室(和室)

秋から冬にかけて、藍の葉はじっくりと発酵され、
「すくも」というひとつの生命(いのち)の固まりとなる。
それはやがて、数多くの行程を経ながら、
すばらしい藍染として生まれ変わる。
一歩ずつ、自分らしく、新しい未来を咲かせるために、
宿泊型自立訓練事業所「すくも」がお手伝いします。

〒771-1342 徳島県板野郡上板町佐藤塚字東177-1
TEL & FAX 088-694-6876
ページのトップへ戻る