■基本方針

藍里病院理念

人権を尊重し、良質な医療サービスを提供して、全ての人々が協働して、地域で共に生きる医療をめざします。

1.人権の尊重
2.良質な医療サービス
3.協働と共生

藍里病院基本方針

1.救急・急性期医療の推進
2.地域移行-退院促進と在宅精神科医療福祉の充実
3.入院環境および周辺環境の整備
4.人材育成および教育研修の充実
5.医療環境-医療安全対策、第三者評価、防災対策強化などへの取り組み
6.迅速かつ適正な対応と情報の提供
7.利用者中心の医療および福祉
8.公益性を重視した健全な経営
9.地域精神保健医療福祉改革をめざす貢献

藍里病院人権宣言

当院は、日本国憲法および諸方、国際規約(規約)の精神にのっとり、利用者個人の尊厳及び人権を尊重することを宣言します。

1.知る権利
   自己の受ける医療について知る権利があります。
2.説明を求める権利
   自己の受ける医療について説明を求める権利があります。
3.治療同意権と選択権
   その上で医療を受けることに同意し、治療法を選ぶ権利があります。
4.治療協力義務
   一方、利用者には治療に協力する義務があり、当院はその義務が果たせるよう援助します。
5.プライバシーの保障
   自己のプライバシーが保護されます。
6.権利保障と適正手続
   精神保健福祉法など法律による適正な手続きを経なければ、権利の制限はしません。

個人情報保護方針

基本方針・当院における利用目的

ページのトップへ戻る