■沿革

藍里病院は、良質で納得のいく医療を提供し、優しく明るい開放的な病院づくりを目指して多くの医師たちの協力によって開設されました。

昭和55年 6月 9日 藍里病院 開院 許可病床数36床(病床数123床)
昭和57年 6月 認可病床 216床
昭和57年11月 増築により定床234床となる
昭和59年10月 医療法人 藍里病院 認可
昭和60年11月 認可病床 242床
昭和61年 6月 精神衛生法第5条による指定病床5床
平成 元年11月 結核・精神3類看護の承認
平成 6年10月 結核精神特1類看護(1)の承認
平成 7年 4月 開院15周年 新館病棟新設・体育館新築
精神療養病棟(A)の承認
結核精神特2類看護承認
生活訓練施設「すくも」開設
管理給食加算(適時適温給食)承認
CTスキャン稼働開始
平成 7年 9月 精神科デイ・ケア(小規模)承認
平成 8年 4月 訪問看護室設置・専任看護師配置
平成 9年 4月 地域生活支援センター「ことじ」開設
平成 9年 6月 薬剤管理指導料加算届出
平成 9年 7月 精神科作業療法届出
平成10年 5月 院内感染防止対策加算届出
平成10年11月 徳島県精神科救急医療システム開始・参加
平成11年 2月 精神障害生活援助事業・・・グループホーム「しょうずい」入居開始
平成13年 6月 医療法人 藍里病院 20周年記念誌発行
平成13年 7月 あいざとパティオクリニック開院
平成14年 3月 新病棟完成、移転、その後、院内全面改修(旧3病棟)
平成15年 3月 医療法人 あいざと会に名称変更
地域生活支援センター「ことじ」を地域活動支援センター「ことじ」名称変更
平成16年 2月 精神保健福祉法第33条の4第1項による応急入院指定病院に指定
平成16年10月 精神科急性期治療病棟入院料1(60床)承認
定床 240床とする(各病棟60床)
平成17年 4月 (財)日本医療機能評価機構により病院機能評価(Ver.4.0)認定
平成18年 3月 あいざと山川クリニック開院
平成18年 4月 敷地内全面禁煙実施
平成18年10月 地域活動支援センター「ことじ」を多機能型福祉サービス事業所として再編
平成20年 3月 平成19年度から「特定医療法人」に承認
平成21年 9月 藍里病院電子カルテシステム稼働開始
平成22年 3月 特定病院認定
平成22年 4月 心電図・脳波、電子システム化
平成22年 5月 (財)日本医療機能評価機構により病院機能評価(Ver.6)更新認定
平成22年 6月 あいざと山川クリニック電子カルテシステム稼働開始
平成22年 7月 あいざとパティオクリニック電子カルテシステム稼働開始
平成23年 2月 グループホーム「いたの1」開設
平成23年 6月 あいざと・こころの医療福祉相談センター開設
平成23年12月 社会医療法人あいざと会に認定
あいざと山川クリニック 精神科デイ・ケア「山河」開設
平成24年 3月 グループホーム「かみいた1」開設
平成24年 4月 宿泊型自立訓練事業所「すくも」へ変更
平成24年10月 グループホーム「いたの2」開設
グループホーム「しょうずい」建て替え
平成24年11月 医療観察法 鑑定入院医療機関・指定通院医療機関に指定
平成25年 5月 パン工房「ランベリー」をオープン
平成26年12月 新運動場完成
平成28年 4月 新館完成
平成28年 6月 病院機能評価(3rdG:Ver.1.0)承認
平成28年 7月 歯科診療開始
平成28年11月 板野町福祉避難所 認定
平成29年 4月 C館改修工事完成
平成29年 4月 依存症研究所 研修センター開設
「藍あい広場」完成
平成29年 7月 上板町福祉避難所 認定
平成30年 6月 徳島県依存症専門医療機関(アルコール、薬物、ギャンブル等)
ページのトップへ戻る