「万引きがやめられない」 それは依存症かもしれません
詳しくはここをクリックしてください。


アルコール依存症の家族を対象に行っている
クラフトプログラムをギャンブル依存症の家族にも応用しています。


ギャンブラーズミーティングのご案内

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存はアルコール依存や他の薬物依存と同様、自他ともに生活を破壊させる病気です。物質依存と同様に、 ギャンブルという行動の依存にも脳内に生物学的な変化を引き起こします。その結果、日常の行動がギャンブル中心 になっていきます。人格の変化まで来たします。我が国のギャンブル依存の人口は実に150万人とも200万人とも 推測されています。


治療について

ギャンブル依存の治療は自助グループと通院しかありません。
ギャンブル依存症の診断と治療

ぎゃんぶる依存症とはどんな病気?
ギャンブル依存症の診断など


ギャンブラーズ・ミーティング

平成22年1月からGA(ギャンブラーズ・アノニマス)徳島グループが発足しました。
ミーティングは下記日程でGAミーティングとして藍里病院にて行っています。
ギャンブルを止めようという意志のある方は、どなたでも参加できます。
当面のお問い合わせは、当院医師の吉田までお願いします。

ミーティング日程
ギャンブル依存
日時 会場
毎週土曜日 昼12時から
年中無休
藍里病院
毎週木曜日 19:00~20:00 藍里病院

家族の方(ギャンブル依存症家族会)のミーティング

初めての方でも構いませんし、本人が来られなくても構いません。どなたでも無料で参加できます。
下記日程にて家族ミーティングを開催。

家族ミーティング日程
日時 会場
第2・4土曜日
12:00~
藍里病院
ページのトップへ戻る